無料
エロ
動画

ステ部屋

ステ部屋 異性の身体に憑依して、したい放題、やりたい放題…な 創作ブログです。

立花と綾子(改)



ぁ… ぅ… だめ… 入ってこないで…


とある浴槽にて、二人の女性が喘ぎ声を上げていた。

周りに人気はなく、助けを呼ぼうにも身体に力が入らない。
まるで、意識の伝達が阻害されているような感触だった。

ショートカットの女性…綾子は、だんだん意識が朦朧としていき
座ることすら困難になりついには仰向けになって倒れてしまった。

また、ツインテールの女性、助けを呼ぼうと立ち上がろうとするが
フラフラと体を揺らすと、ついにカクンとうな垂れてしまった。
まるで自分の中に何か違うモノが入り込んでいくような感覚だった。
必死で抵抗する。しかしそれも長続きはしない。

ぅぁ…

小さく彼女からうめき声が上げられる。
そしてだんだん彼女のまぶたは閉じていき、
意識が沈殿するかように深い深い闇に落ちていった…

……そして短い時間が流れた。



立花はうっすらと両目を開いて、目の前の綾子を見据えた。
彼女の意識が戻ったのだろうか。

しばらく呆けているようでいて、
目の視点がなかなか定まらないようだった。

しかしそれも、だんだん収まっていき
彼女ははっきりと意識を取り戻したようだった。

まず、彼女は両手を開いて閉じて、身体の感覚を確かめる。
次に両腕を伸ばして、自分の身体がなんともないことを確認した。
そして彼女の両手はそのまま彼女の胸に添えられた。

うへへへへ………、やった…
半信…疑………けど、まさかあの……本物………んだな。


立花は誰に聞かせるわけでもなく呟いた。
その声はあまりにも小さく、誰の耳にも入らなかった。

そして立花は視線を自分の胸に下ろしてまじまじと
彼女の乳房を眺め始めた。

自然と手が動く…
円を描くように揉み解したり胸を押しつぶしたり、
まるで彼女の胸の感触を確かめるような動きだった。

そうしているうちに、彼女の乳首はだんだん勃起して行き
彼女の身体が興奮していることを発見した。

うわぁ…乳首って立つんだな…

ボソっと一声喋ると立花は
そのまま人差し指と中指で乳首をギュッと挟み込んだ。

んっ!!!

乳首から奔る鋭い刺激。
それが彼女に小さなうめき声を上げさせた。

や、やばいっ! 立花の身体ってここまで刺激的なのぉ!?

まるで、立花は自分自身が別人であるがごとく発言する。
これは一体どうなっているのだろうか…?

右手で乳首を刺激して、左手で胸を揉み下し立花。
そのうち、右手がだんだんと彼女の下腹部へと動き出した。

そして彼女の指が彼女の大切なところに達しようとしたとき…

綾子の意識が回復した。


………





これが綾子さんの身体…!

意識を取り戻した綾子は自分の身体を見下ろしてそう呟いた。

目の前に見えるのは綺麗な二つの秘丘。ツンと勃起した乳首。
その先には、何も付いていないまっ平な股間。
綾子は自分の身体を見て頬を赤らめるのだった。

また、綾子の無防備な姿を見て、前かがみになる立花。
豊満な彼女の肉体を舐め回すかのように見つめると
彼女の右手は彼女の股間に当てられた。

ぐちゅっ、んちゅ!

彼女の股間はすでに愛液でグチョグチョになっていた。
立花は、人差し指で彼女のクリトリスをそっと刺激する。

うはぁ…綾子さんの身体…、ゴクッ! 凄ぇ…!

ひたすら彼女の大切なところを弄りながら、
目線は綾子の胸に集中する。



あ…、いや、その立花ちゃんの姿で…その…

綾子は自分の股間を掻き回しながら近づいてくる立花に困惑しているようだった。
一歩立花が前に出ると一歩綾子が後ろに下がる。

視線を立花に向けてはそっぽを向ける綾子。
そうして数歩移動したところで綾子は足を滑らせてしまった。

あいたっ!

両足をぱっくり開いて床に倒れる綾子。
立花はその開いた股間に視線が釘付けになってしまった。

あたたたた…

綾子は軽くうなるが、立花はそれを気にする様子もなく
視線を一点に集中させたまま綾子に話しかけた。

なぁ、そのまま綾子さんの身体でオナってくれないか…?

唐突に自慰を要求する立花。綾子は驚いて立花の方に視線を向けた。

え…、ぼくが綾子さんの身体を…

ああ、そのために憑依したんだろ?
お前もココを弄ってみろよ…、凄ぇ気持ちいいぞ…


綾子の目の前で股間を弄り回す立花。
二本の指を膣内に突っ込んでは引っ張り出し
ぬるぬる、ぐちゃぐちゃとした、アソコを見せ付ける。

ゴクリ…

生唾を飲み込んだ綾子は、その細い指を股間に這わせ始めた。



ああっ! 気持ちいい!!
綾子さんの身体…なんて刺激的なんだ…!?


クリトリスに指を這わせて刺激する綾子。
その表情は恍惚としていて、非常に艶かしい。

そしてそれを見て、ひたすら自分の股間を弄る立花。
いつの間にか浴槽は二人の女性のオナニールームとなってしまっていた。



あっ、あっ、あっ、あっ!

んっ んっ んっ んっ!!

あぅっ! イク! イちゃう!! 綾子さんの身体でっ!

んはっ! 立花の身体っ! イクっ! イっちまうっ!!

はぁぁぁぁぁ!!!!

ああああぁぁぁぁ!!!


二人は絶頂に達した…





散々オナニーを繰り返して何度もイって
それでもしつこくオナニーを繰り返した二人は
痺れるような快感を余韻に残し、一息ついた。

女の身体って凄いな…

うん、こんなに気持ちいいなんてずるいね。


大分興奮も落ち着いてきたのか、落ち着いた表情で二人は話し始めた。

それにしても奇妙な現象である。

大声を出しても誰一人姿を見せない浴槽。
急に苦しんだと思えば、今度は淫乱になり
一心不乱に自慰に及ぶ女性二人。

まるで人事のように自分自身を語る口調。
一体なんであったのだろうか。

とにかく、この異様な自慰の見せ合いは終わりのときを迎えるようだ。

しかし…

なあ、今度は二人でレズらないか?

…………!?








んっ、んっ、んっ、んっ! 綾子さんの身体って綺麗…

あっ、あっ、あっ、あっ! ダメッ、そこはダメ!
刺激が強すぎて…!


綾子の身体に覆いかぶさる立花。
自分の股間を相手の股間に擦り付けるように身体を密着させる。
その手は綾子の胸を揉み、時に乳首を刺激する。



んーーーーっ♡

んふっ 綾子さんったら悶えちゃって可愛い♪
もっともっと苛めてあげるからね♡

んぅぅ、はぁぁぁ〜!!


何度も自慰を繰り返して絶頂を迎えている身体だが、
二人で絡み合うことで更なる快感を得ている二人。

お互いの股間はぐしょぐしょになって
お互いの嫌らしい液体が混じり合っている。

ぬるぬるした所を押し付けあって更なる快感を得ようと
腰を一心不乱に振る綾子と立花。



狂乱の宴はまだまだ続きそうだ…























おまけ



私たち一体何をやってたの…

う……


絡み合った状態で気が付いた立花と綾子。

股間はグチョグチョに濡れていて、
それでいてヒリヒリとした痛みが感じられる。
それに、何度もイったような気だるい感覚。
強い疲労感。

なにもかもが彼女たちの「ある行為」を示していた。

非常に気まずい視線を向ける二人だった。

















せっかくなのでカスタムエボリューションで作ってみました。
ポーズエディットが出来ないので出来合いのポーズでやりくり、ですね。
エボリューションカス子(仮名)が可愛いので
ポーズエディットが早く出来るようになればいいなぁ…

ステテコ

 | HOME | 

最近のエントリー


カテゴリー


リンク


プロフィール

ステテコメイト

ニックネーム:ステテコメイト
自己紹介:憑依好きです。
じつはMCも好きです。


最近のコメント


来訪者 **2013/02/10 より**

現在の閲覧者数:


利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close